楽 々ブログ Google攻略   自 立ライフ PCあれこれ  飯 寿司

パソコンあれこれ
当サイトのコンテンツはBlogger,Live Writer,Picasa2で楽々ブログ作成法、Googleのサービス使いこなしガイド、自立生活への道、パソコン一般の技術情報、鮭の飯寿司の作り方ブログ編などです。
その他
●NHKテレビ「ためしてガッテン」で話題の「酒粕甘酒の作り方
●3D作成フリーソフ ト「Google Sketch Upの使い方
● 「北海道の回転寿司」 チェーン店をGoogleマップ付で紹介
これらは全てBloggerを使用して作成しております。


ワード文書内の画像

2008年1月12日土曜日

行内の画像
ワードで画像をコピペや「挿入/図/ファイルから」で挿入した画像は行内の画像として扱われます。挿入した画像をクリックすると次のようになります。
行内の画像とは大きな文字が入っていると考えると理解し易い。
この画像を右に移動させたい場合は選択を一旦解除し
image 

前足の辺りでクリックするか左方向キーを1回押します。
すると次のようになります。
image 
の位置に注目
image 


image 

ここでスペースキーを押すとライオンは右側に移動します。
画像がワードでどのように配置されているかを見るのは画像の上で右クリックし「図の書式設定」を選択します。
タブでレイアウトをクリックすると「折り返しの種類と配置」で「行内」が選択されています。
もしここで配置を「前面」にすると、画像はページ内のどこにでも移動できます。
image
その時、画像を選択した時の形状が変わるので、行内なのでそうでないかの判断が出来ます。
image 

画像を選択した時、左図のようになれば「行内」ではありません。
これだと自由に画像をドラッグできます。
image 
ドラッグ途中の状態
image 
この事を知っているだけで、文書内の画像を扱えると思います。
関連ページ
ワードのレイヤー構造

0 コメント: